ライフステージメソッドは会社が回り出す増益システム

会社の分析ツールがライフステージメソッドです!

ライフスタイルと人間の成長構造が分かり全体像が見えると人は動き出すのです。
私が伝えたかったライフステージメソッドの三つの力(自己啓発スイッチ×フレームワーク×自走力)は、空海の言う「身密」・「語密」・「意蜜」と非常に近いと分かったのです。

空海は人格が育つ仕組みがわかっており、現代でいう「自己啓発の土台」となる「自己啓発スイッチ」「フレームワーク」「自走力」を完全につかんでいたのです。そして、中国の荘子は「吾れ故に始まり、性(もちまえ)に長じ、命に成る」と紀元前三世紀に明言しています。

誤解を恐れず、私流に現代的に言うと「生まれ持っての強みを認識し、環境でそれを日々に用いて生かしいくと、人として自在な生き方で人に貢献する」と言うことではないでしょうか?

そしてライフステージメソッドは荘子の成長の3段階にも通じるようです。今回のメソッドは、「身密・語密・意蜜」と「故・性・命」を現代風にアレンジし新しい自己啓発スキルを統合化したものです。

ライフステージメソッド型経営で自律力と仕事力とマネージメント力と経営力を分解すると下記の通りの方程式になります。

自律力=自己啓発スイッチ×フレームワーク×自走力       
仕事力=課題力×標準化・仕事価値観×自責
マネージメント力=客観視×方針共鳴×成果責任
経営力=実現力×ミッション・ビジョン・ソウル×組織力

 

詳しくはライフステージメソッドの解説をご覧ください。

PAGETOP
Copyright © 田路俊章のライフステージメソッド All Rights Reserved.